現在お使いのAndroid標準ブラウザはGoogleのサポートが 終了しているため、正常に表示されない場合がございます。 当サイトでは、Google Chromeでのご利用を推奨しております。

Google Chromeでひらく

閉じる×

オンライン修理受付 FAQ

よくあるご質問

オンライン修理受付 FAQ
よくあるご質問

修理について

バッテリープラスサービスとは、どのようなサービスですか。

バッテリープラスサービスは、グランドセイコーを対象に、通常の電池交換に加えて以下のサービスを実施します。
・回路の精度を確認し、保証します。
 規格よりずれが生じている場合は、精度書き込み作業を行い、規格内に調整します。
・ばね棒や中留の留まり具合を確認し、必要に応じて処置を行います。

料金は電池交換料金+2,200円となります。

※注意事項
・バッテリープラスサービスは、機械の保証をするものではございません。
 大幅な遅れ・進みが続く場合は分解掃除(オーバーホール)が必要です。
・一部対象外のキャリバーがございます。
・「セイコー」「クレドール」「ガランテ」は対象外となります。

オーバーホールはどのような作業を実施するのですか。

オーバーホールでは故障の原因となる目に見えない部分の汚れや湿気を取り除き、磨耗部品交換・パッキン交換・防水試験を行います。
詳細は下記リンク先をご参照ください。
セイコーウオッチ https://www.seikowatches.com/jp-ja/customerservice/operation_care/apart

なぜオーバーホールは必要なのですか。

時計は多くの部品で構成されています。運動量が多い部品は、1日に数十万回もの往復回転運動をしています。そのため、摩耗を防ぐ潤滑油が必要になります。ただし、時計に使用されている潤滑油も年数が経つと劣化し、潤滑油としての機能が低下するため、時計の故障の原因となります。定期的にオーバーホールや調整を行うことで、時計を永くご愛用いただけます。

コンプリートサービスとはどのようなサービスですか。

コンプリートサービスとは、従来のオーバーホールとセットで、ライトポリッシュを行うサービスです。
ライトポリッシュとは、ケース・金属バンドの表面を整え、つやを出すサービスです。
※コンプリートサービスはグランドセイコー限定のサービスです。

ライトポリッシュとはどのような作業ですか。

ライトポリッシュは、ケース、メタルバンドの表面を整え、つやを出すサービスです。
りゅうず、ボタン、裏ぶた、中留のマークの部分、一部の特殊素材部品、メタルバンドの裏側には、ライトポリッシュは適用できません。
ライトポリッシュの仕上がり状態は、ケース、バンドの形状や傷の状態などによります。
打痕や深い傷の修復をご希望の場合は、外装リペアポリッシュサービスをご利用ください。

ライトポリッシュを依頼するにはどうすればよいですか。

ライトポリッシュはコンプリートサービスの一部です。
オーバーホールとセットでご依頼いただけるサービスとなり、ライトポリッシュ単独では承っておりません。
※コンプリートサービスはグランドセイコー限定のサービスです。
※保証期間内の無料修理の場合、ライトポリッシュは承ることができません。

外装リペアポリッシュサービスとは、どのようなサービスですか。

ケースおよびメタルバンドについた傷を、研磨によって修復します。
深い傷や打痕傷は、レーザーを用いて修復します。

<注意事項>
・すじ目やミラーの仕上がり具合が購入当初と多少異なる場合があります。
・りゅうず、ボタン、裏ぶた、中留のマーク部分、一部の特殊素材部品は研磨できません。また中留だけの研磨は承っておりません。
・機能や美観を損ねる恐れのある場合は、傷は取り切れません。
・時計の構造、仕上げ、素材によって研磨できない場合があります。

研磨できない時計はありますか。

時計の構造、仕上げ、素材によって研磨できない場合があります。
修理申込画面でお客様の時計を特定いただくと、研磨が可能かご確認いただけます。研磨できない場合は研磨を選択できません。
<研磨不可能な時計の例>
・構造…ガラス縁が外れないため、ケースのすじ目研磨ができないもの。
・仕上げ、素材…めっき。梨地。放射すじ目。縦すじ目と横すじ目の組合せ。すじ目ではない模様つき。ガラス縁に塗料で表示があるもの。ハードコーディング、超硬質合金など。

部品の保有期間はどれくらいですか。

セイコーはお客様にご満足いただけるアフターサービス体制を整え、お買い上げいただいた製品の生産が続いている限り、
時計の機能を維持するために必要な補修用性能部品を保有し続けます。
当該製品の生産終了後も、監督官庁の指導に基づく保有期間※を超えて、さらに長期間の修理ができる体制を整えています。
※監督官庁の指導に基づく補修用性能部品の保有期間…クレドール、グランドセイコー、ガランテは通常10年、その他は通常7年

電池の寿命は何年間ですか。

モデルによって異なりますので、取扱説明書をご確認ください。
※お買い上げ時の電池は検査用のモニター電池ですので、所定の年数よりも早めに切れる事があります。
※長年のご使用とともに機械内部の潤滑油の劣化や部品の摩耗によって消費電流が高くなり、所定の年数より電池寿命が短くなる場合があります。
 この場合は分解掃除(オーバーホール)の実施をおすすめいたします。